都鳥伸也監督)

◉ Profile
1982年岩手県北上市生まれの双子の兄弟。2004年、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、映画監督・武重邦夫氏が主宰する「Takeshigeスーパースタッフ・プログラム」に参加。地域の文化に根差した映画の発信を目指し、企画・製作・配給について学ぶ。
2008年、自らが企画した『いのちの作法 沢内「生命行政」を継ぐ者たち』(監督・小池征人)でプロデューサーとしてデビュー。2010年に地元、岩手県北上市に有限会社ロングラン・映像メディア事業部を設立。2012年に『希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言』で監督デビュー。
その後、『1000年後の未来へ 3.11保健師たちの証言』(2014)、『響生-きょうせい- アートの力』(2015)、『増田進 患者さんと生きる』(2016)とコンスタントにドキュメンタリー映画を発信し続けている。
2017年には米軍統治下の沖縄を題材とした『OKINAWA1965』を製作。2018年から本格的に上映運動を開始。6月23日から大阪、7月7日から東京で劇場公開が決まっている。


 都鳥拓也(撮影、編集)

◉ Profile
1982年岩手県北上市生まれの双子の兄弟。2004年、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、映画監督・武重邦夫氏が主宰する「Takeshigeスーパースタッフ・プログラム」に参加。地域の文化に根差した映画の発信を目指し、企画・製作・配給について学ぶ。
2008年、自らが企画した『いのちの作法 沢内「生命行政」を継ぐ者たち』(監督・小池征人)でプロデューサーとしてデビュー。2010年に地元、岩手県北上市に有限会社ロングラン・映像メディア事業部を設立。2012年に『希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言』で監督デビュー。
その後、『1000年後の未来へ 3.11保健師たちの証言』(2014)、『響生-きょうせい- アートの力』(2015)、『増田進 患者さんと生きる』(2016)とコンスタントにドキュメンタリー映画を発信し続けている。
2017年には米軍統治下の沖縄を題材とした『OKINAWA1965』を製作。2018年から本格的に上映運動を開始。6月23日から大阪、7月7日から東京で劇場公開が決まっている。


 藤崎仁志(助監督、現場録音)

◉ Profile
1983年生まれ。日本映画学校22期卒。主な作品に、記録映画『だんらんにっぽん』(2012年)助監督、記録映画『日本の保健婦さん』(2014年)共同監督などがある。


 若林大介(整音)

◉ Profile
1978年、東京都生まれ。2001年、日本映画学校(現・日本映画大学)録音ゼミ卒業(13期)。その後、録音助手を経て、現在、デジタル化した日本映画大学の録音スタジオの管理、およびデジタル録音の指導を務める。主な録音作品に『いのちの作法』(2008年)、『希望のシグナル』(2012年)、『父をめぐる旅』(2012年)、『1000年後の未来へ』(2014年)、『物置のピアノ』(2014年)、『響生-きょうせい- アートの力』(2016)などがある。