2019年|141分|16:9|カラー|日本|ドキュメンタリー

▶︎Whats New

▶︎ストーリー

okinawa2018_slide4.jpg okinawa2018_slide1.jpg okinawa2018_slide3.jpg

2019年に沖縄で行われた、辺野古新基地建設の賛否を問う「県民投票」で沖縄の人々が基地建設に明確に「NO」を突き付け、沖縄に希望を与えたことは記憶に新しい。
この映画ではその原動力となった元山仁士郎さんの活動や、村議会議員に立候補した3児の母・城間真弓さんの奮闘、戦争で激戦地となった伊江島で育った高校生の中川友希さんが沖縄の過去と向き合おうとする姿を通し、未来を担う沖縄の若者たちが自分たちの視点で基地問題について考え、行動する姿を追った。その軌跡は「今の沖縄」と「これからの沖縄」を知る手がかりになるはずだ。
製作したのは、沖縄の基地問題の歴史を描き、好評を博した「OKINAWA1965」の都鳥拓也・都鳥伸也。故郷・岩手県北上市を拠点に活動する双子の兄弟である。
37歳の彼らは今作では徹底して沖縄の現在と未来の当事者である島の若者の視点に立ち、彼らの本音と若者らしい等身大の姿を描きだす。これは、戦後から脈々と基地問題を受け継いできた大人たちから、その想いを自分たちなりの感性で継承しようとする若者たちの記録である。

▶︎製作協力金のお願い

募金者
850人

現在までに集まった金額
7,229,000円(2019年8月28日現在)
目標金額は1,000万円です。

『私たちが生まれた島』の製作にご協力ください

ドキュメンタリー映画『私たちが生まれた島~OKINAWA2018~』は、全国の皆様から寄せられた一口5,000円の製作協力金により、製作を行っております。
皆様のご協力には大変感謝申し上げます。
製作協力金は2019年8月28日の時点で、まだ2,771,000円が不足しており、目標の1,000万円までは、まだまだ協力が必要な状況にあります。
『私たちが生まれた島~OKINAWA2018~』を無事、完成させ、全国上映に導くためにも、皆様のお力添えを、何卒、よろしくお願いいたします。

監督 都鳥伸也

 

製作協力金募集要項

製作協力金/一口 5,000円
振 込 先/郵便振替 口座番号 02230-3-138259
口 座 名 義/有限会社ロングラン
通 信 欄/『私たちが生まれた島』協力金、と必ずご記入ください

ご協力いただいた方々には、完成作品の試写会招待券(指定の試写会のみ使用可)とDVD(劇場公開から1年後)をプレゼントします。また、映画の公式サイトにお名前を掲載いたします。

  • ※ 公式サイトにお名前を掲載不要の方は通信欄にその旨ご記入ください。
  • ※ 試写会、劇場公開のスケジュールは決定次第ご連絡します。
  • ※ 5,000円以下も受け付けますが、プレゼントは試写会の招待状のみとなります。

特別協賛金募集要項

製作協力金/一口 100,000円
振 込 先/郵便振替 口座番号 02230-3-138259
口 座 名 義/有限会社ロングラン

  • ※『OKINAWA1965』の協力金との混同を防ぐため、通信欄に『私たちが生まれた島』協力金と必ずご記入ください。
  • ※ 特典の「映画冒頭へのタイトルクレジット」は2019年9月末日までの受け付け分となります。

※詳細は特別協賛金のページでご確認ください。

▶︎『私たちが生まれた島』を応援しています(特別協賛の皆様)

 

▶︎動 画